スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


集団的自衛権 あきらめないをキーワードに

Category: 未分類  

7月1日、集団的自衛権閣議決定がお昼ごろに早まるらしいとメールをいただき、
夕方参加するつもりでいた集団的自衛権反対抗議集会に向かいました。

12時少し過ぎて国会議事堂前駅に着き、官邸に一番近い3番出口に向かうとすでにそこは封鎖され、警察官が立っています。
「こちらは利用できません。あちらの4番出口から」
7.1 集団的自衛権反対抗議集会 1
3番出口まで進むと、主催者から「官邸前はいっぱいです。こちらから下にお並びください」の声。
集会参加者用に区切られた中には人がいっぱいで、反対側の植え込み付近にも大勢の人が立っている。
地下鉄の3番出口は封鎖されているので、その前の空間に入ろうすると、
警察官は「地下鉄の出入り口付近には立たないでください。利用者の邪魔になります」
(封鎖されているから人は登ってきませんけど・・と皮肉の一つも言いたくなる。乗るための利用者の姿は見えず)

「植え込みには立たないでください」と別の警察官。
通行スペースを開けると植え込み付近にしか立てないのです。
通行人になる以外は、無視するしかない。。。

<12時15分集会開始> (参加者も、警察官の数もどんどん増えています)
       マイクからは、
       閣議決定されてもデモをします。
       あきらめないで参加してください。この後デモの届け出をしに行きます。

集会は12時45分に終了し 15時からまた始まるとのこと。

<リレートーク>集会の間をつなぐ
「ぼくは大学生です。授業中なのですが、大学の授業を受けている場合じゃないと思ってきました」
「私は山梨から来た医大生です。昨日夜行バスできました。軍医になって戦場に行きたくありません。私はみんなの明るい顔が見たくて医者になるんです」
「2歳と5歳の子を持つ父親です。介護施設で働いている時にお世話していた方が、戦争の時中国に転戦して参加した部隊200名のうち帰還できたのは30人ほどだったと話してくれました」
飛行機や電車や夜行バス遠いところから居ても立っても居られず駆けつけた人々。
人を殺したくない。殺されたくない。自分の言葉でみんな声をあげています。

(まっすぐ官邸の方向へ進まないよう、国会図書館の方へ迂回するように警察が指示しているとのこと・・)
<14:40>臨時閣議は17時からではないかとマイクが伝えている。

7.1 集団的自衛権反対抗議集会 4


7.1 集団的自衛権反対抗議集会 5


警察の腕章を着けた白シャツの人ふたりが、歩行者通路と道路を隔てた2種類の柵の向こう側に立ってシュプレヒコールをしている人々をビデオ撮影している。
その直前、主催者側のカメラマンが、警察官が柵を動かした(?)ために脚立から落ちて抗議する場面があったのです。
撮影の意図を勘ぐらずにはいられませんでした。
ずーと撮っている訳ではないので、何らかの意図があるように思えます。
(撮影して人たちを逆に撮ってみようと何度か試みましたが、シャッターチャンスに恵まれません)

そのうち、最初はマスクをしていなかった?と思われる白シャツの二人だけがマスクをしていることに気が付きました。
顔を撮られてはならない人、部署の人間ということだったのしょうか?
じっと見ていたら、片一方の人と目が合いました。
普通のまなざし・・・。

7.1 集団的自衛権反対抗議集会 6

<15時集会>
総務会で二人の人が反対している。
全会一致にならず長引いているという。

総務会で最後まで反対していた村上議員は、
野田聖子議員から、全会一致にするために退場するよう勧告されたようだ。
退場すると、議事録に反対者がいることが記録されないことになるため、
あくまでも退場せず、決を採って人数を数えることを求めているとのこと。
人数を数えることはせず。賛成多数により可決とされてしまった。

16時10分から、自公の党首会談。
30分から国家安全保障会議。
55分臨時閣議。
その後首相会見の予定と、主催者側の知らせ。

「誰に向かって会見するのか!?」の声あり。
国民に背を向けた独裁者が何を会見するのかと思う。

<16時10分> 3000人以上集まっていると主催者。
廻りきれないので正確な数字はわからないとのこと、そうです。ものすごい人、ひと。
通路の反対側にも楽器を持った人たちが。警察も注意は諦めてしまったかのようです。

当然シュプレヒコールが、「安倍帰れ!」「山口帰れ!」の声に。
官邸の方向に向かっていく車、車、
マイクを持つ人からは見えたのですね二人が。

<17時05分>臨時閣議が始まったと告げる声。
いよいよ、人が溢れる。
会社帰りの人、大学生、若い人たちにバトンタッチして帰路に。

ここに集まる人たちの、この想いが届かないことの不思議さ、
独裁を許す政治家たち。

7月1日に行われた自民党総務会でただ一人最後まで反対した村上誠一郎衆議院議員は、   
6月27日に外国特派員協会で記者会見し、ドイツ人のフリーランスジャーナリストの質問に答えて、
「一つは8月に内閣改造が示唆されていること。内閣人事をチラつかされたらなかなか本音が言えない。
もう一つは、公務員法の改正で、トップから600人の官僚人事の決定権をすべて内閣府に持っていってしまった。
我々政治家は次の選挙で勝てばいくらでもカムバックできるが、官僚はいったん左遷されるとカムバックできない」
「衆議院議員・村上誠一郎氏(自民党)が6月27日、外国特派員協会で記者会見」 IWJ会員記事より一部転載)

今日、7月2日南越スタンディングをしました。
あきらめない。
抗議していくこと。

毎回、若い人がいろいろ話していかれます。
今日も、大学3年生だという青年が「南越スタンディングで検索してきました」という。
集団的自衛権についてこの2.3日取りざたされていることを知りたいと思ったのだそうです。
伝えたいこと知ってもらいたいことを多岐にわたって(大いに脱線しつつ)スタンディングの1時間半話し込みました。

たくさんの情報を受け取り、精査すること。
深く知ろうとすれば、自ずと真実が見えてくるもの。
でも、知ると苦しくなるかも、、
いいえ、理不尽さやもろもろのどうしようもなさに立ち向かえる強さを持つことができるはず。
そうしたらどんなときも、自分を見失わず生きられるから。
そんなあなたになってほしいです。



 
メールでいただいた官邸前で元自衛官の方がお話しされた内容を下記に転載させていただきます。

突然飛び入りでマイクを貸してもらいました。
集団的自衛権に反対なので、その話をします。
私は元自衛官で、防空ミサイル部隊に所属していました。日本に攻めて来る戦闘機を叩き落とすのが任務でした。
いま、尖閣の問題とか、北朝鮮のミサイル問題とか、不安じゃないですか。
でも、そういったものには、自衛隊がしっかりと対処します。自衛官は命をかけて国民をしっかり守ります。
そこは、安心してください。 いま私が反対している集団的自衛権とは、そういうものではありません。日本を守る話ではないんです。
売られた喧嘩に正当防衛で対抗するというものではないんです。
売られてもいない他人の喧嘩に、こっちから飛び込んでいこうというんです。それが集団的自衛権なんです。
なんでそんなことに自衛隊が使われなければならないんですか。
縁もゆかりもない国に行って、恨みもない人たちを殺してこい、安倍さんはこのように自衛官に言うわけです。
君たち自衛官も殺されて来いというのです。冗談ではありません。
自分は戦争に行かないくせに、安倍さんになんでそんなこと言われなあかんのですか。
なんでそんな汚れ仕事を自衛隊が引き受けなければならないんですか。
自衛隊の仕事は日本を守ることですよ。見も知らぬ国に行って殺し殺されるのが仕事なわけないじゃないですか。
みなさん、集団的自衛権は他人の喧嘩を買いに行くことです。
他人の喧嘩を買いに行ったら、逆恨みされますよね。当然ですよ。
だから、アメリカと一緒に戦争した国は、かたっぱしからテロに遭ってるじゃないですか。
イギリスも、スペインも、ドイツも、フランスも、みんなテロ事件が起きて市民が何人も殺害されてるじゃないですか。
みなさん、軍隊はテロを防げないんです。世界最強の米軍が、テロを防げないんですよ。
自衛隊が海外の戦争に参加して、日本がテロに狙われたらどうしますか。みゆき通りで爆弾テロがおきたらどうします。
自衛隊はテロから市民を守れないんです。
テロの被害を受けて、その時になって、自衛隊が戦争に行ってるからだと逆恨みされたんではたまりませんよ。
だから私は集団的自衛権には絶対に反対なんです。
安部総理はね、外国で戦争が起きて、避難してくる日本人を乗せたアメリカ軍の船を自衛隊が守らなければならないのに、いまはそれができないからおかしいといいました。
みなさん、これ、まったくのデタラメですからね。
日本人を米軍が守って避難させるなんてことは、絶対にありません。
そのことは、アメリカ国防省のホームページにちゃんと書いてあります。
アメリカ市民でさえ、軍隊に余力があるときだけ救助すると書いてますよ。ベトナム戦争の時、米軍は自分だけさっさと逃げ出しました。
米軍も、どこの国の軍隊も、いざとなったら友軍でさえ見捨てますよ。
自分の命の方が大事、当たり前じゃないですか。そのとき、逃げられなかった外国の軍隊がありました。
どうしたと思いますか。軍隊が、赤十字に守られて脱出したんです。
そういうものなんですよ、戦争というのは。安倍さんは実際の戦争のことなんかまったくわかってません。
絵空事を唱えて、自衛官に戦争に行って来いというんです。自衛隊はたまりませんよ、こんなの。
みなさん、自衛隊はね、強力な武器を持ってて、それを使う訓練を毎日やっています。
一発撃ったら人がこなごなになって吹き飛んでしまう、そういうものすごい武器を持った組織なんです。
だから、自衛隊は慎重に慎重を期して使って欲しいんです。
私は自衛隊で、「兵は凶器である」と習いました。
使い方を間違ったら、取り返しがつきません。
ろくすっぽ議論もしないで、しても嘘とごまかしで、国会を乗り切ることはできるでしょう。
でもね、戦場は国会とは違うんです。命のやり取りをする場所なんです。
そのことを、どうか真剣に、真剣に考えてください。
みなさん、閣議決定で集団的自衛権を認めてもですよ、この国の主人公は内閣と違いますよ。
国民ですよ。みなさんですよ。
憲法をねじ曲げる権限が、たかが内閣にあるはずないじゃないですか。安倍さんは第一回目の時、病気で辞めましたよね。体調不良や病気という個人のアクシデントでつぶれるのが内閣ですよ。
そんなところで勝手に決めたら日本の国がガラリと変わる、そんなことできません。
これからが正念場です。
だから一緒に考えてください。一緒に反対してください。
選挙の時は、集団的自衛権に反対している政党に投票してください。
まだまだ勝負はこれからです。
戦後69年も続いた平和を、崩されてたまるもんですか。しっかりと考えてくださいね。
ありがとうございました。」


スポンサーサイト
 2014_07_02


Comments

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
    2014-07-09 08:35  

けいこさん。 

けいこさん。
「過去、日本国民がテロ組織に人質にさせた時にも、
結局助けに行ったのはアメリカでした。」
これは具体的にどのことをおっしゃっているのか教えてくださいますか。
姫  URL   2014-07-09 18:53  

 管理者にだけ表示を許可する


09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

野の花姫

Author:野の花姫
FC2ブログへようこそ!

amato

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。