スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


消費者でいることの罪。近い将来受けるであろう罰。

Category: 未分類  

政治に無関心で自分とは関係ないと思っている人は、消費者として政治を捉えているからと話してくれた友人のひさごんが、ちょっと前の本だけれどといって貸してくださった岩波ブックレット。


日本人は民主主義を捨てたがっているのか? (岩波ブックレット)日本人は民主主義を捨てたがっているのか? (岩波ブックレット)
(2013/11/07)
想田 和弘

商品詳細を見る


第1章 言葉が「支配」するもの
社会が大きく動かされる際には、
人々がそれによって思考を支配されるような、キーワードとなる言葉が必ずある
為政者が無理やり言わせたものではなく
大多数の人は、好き好んでそれらの言葉を合唱したのか
それらの言葉がそのときどきで、ある種の「リアリティ」を持って人々の心に響くと同時に、感情を動かしたからだ

第3章 熱狂なきファシズム 「消費者民主主義」という病
政治家は政治サービスの提供者で、主権者は投票と税金を対価にしたその消費者であると、
政治家も主権者もイメージしている。
「不完全なものは買わぬ」が「賢い消費者」による「あるべき消費行動」
選挙での低投票率は「買いたい商品=候補者がないから投票しないのは当然」
無関心なのは「賢い消費者は、消費する価値のないつまらぬ分野に関心を払ったり時間を割いてはならない」
という決意と努力の結果なのではないか(以上本文より抜粋)
と、著者の想田さんは、書かれています。

「なぜ伝わらないか」
「どうして自分のこととして捉えることを拒否して、無関心でいられるのか」
というのが、これまでずっと疑問でした。

”リアリティ”と”感情を動かす言葉”
実際にあったこと経験したことを、話し伝えることで感情に訴え共感を得る。
活動を広げていくには、それが必要と誰もが異口同音におっしゃるのです。
それを見事に実現して見せているのは今の安倍政権ということです。
経済界、マスメディア、利益でつながっている人々の輪。
その輪に取り込まれている囲い込まれている消費者意識の国民の図。
(大多数の人は、取り返しのつかないところまで追い込まれてもそのことに本当に気付くことができないのでしょうか?)

ブックレットを読んでなるほどと腑に落ちたのでした。


憲法とは、
たとえ文面がそのままでも、
そこに保障されている権利を主権者が行使しないのであれば、
実質的に力を失っていくものなのです。(以上本文より抜粋)

秘密保護法、集団的自衛権、
為政者の確信的犯行をどう回避できるでしょう。

憲法第12条
この憲法が国民に保障する自由及び権利は、
国民の不断の努力によって、
これを保持しなければならない。(以下略)

粘り強く闘っていくことができるか。
頼れるのは、私たち一人ひとりによる「不断の努力」以外にないのではないか
民主主義においては、私たち一人一人が担い手であり責任の主体であるから
その危機を一人で救ってくれるスーパーヒーローはどこにも存在しないのです。
と「おわりに」に想田さんは書いていらっしゃいます。

誰もが望んでしまうスーパーヒーローはアメコミの中に存在するだけ。
それぞれが逃げずに担い手や主体者の意識を持ち行動するのでなければ、
それができなければ、今起こりつつあることを全部引き受けなくてはならないのです。
それは絶対にごめんだ。
私たち一人ひとりがNOを携えて、担い手になろう。






スポンサーサイト

 2014_06_13


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


04  « 2017_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

野の花姫

Author:野の花姫
FC2ブログへようこそ!

amato

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。