スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


晩春

Category: 雑記  

4月の第3水曜日、小川町で書のお稽古。

いつも書の日は、高さんと早めに着いて
その日の気持ち次第で、べりカフェだったり、わらしべでお昼をいただきます。

「カタクリの花を見に行きましょう」と高さんに誘われて、駅前のお弁当屋さん?でお昼を調達。
カタクリの里を目指しました。

春うらら
千間山の方向にひたすら歩きます。
川沿いにあるはず・・・のカタクリの群生地
通りかかる家々の庭は春爛漫。。
芝桜、つつじ(これがとても大木なのです)、ヤマブキ、
どれもが色鮮やかに輝いて 美しい。

道を尋ねたくともお昼時、人ひとり見かけません。

千間山の遊歩道入口を入って(登って)いくと、
やっと犬とお散歩中の女性を発見!
道をお尋ねすると、
戻って右に10分くらい行くとお寺があって、まだカタクリが咲いているかもしれませんとのこと。

10分??
行けど行けど見つからず。
道の脇に水路・・さらさらと流れる水は澄んでいます。
そこに生えている緑を、
高さんが、クレソンと教えてくれました。
(見た目だけではなく、本当に清流なのですね。クレソンが自生するほどの)

かれこれ1時間近くも歩いていたことになります。
お腹も空いて、カタクリはあきらめて
先ほどとは別の千間山遊歩道の小道を分け入り(?)
ー鶯が上手に近くのこずえで啼いていますー
スミレが咲く斜面でお弁当を広げました。

おしゃべりを止めると鶯が歌います。
少し離れたどこからか唱和する別の鶯。

書の時間に遅刻して、
今日の冒険?をご披露。

書のお稽古がすんでから、
かわいそうがってくださった師匠と、やっちゃんが運転してくださってカタクリの里へ。
(もう少し行けば入り口付近には着けていた模様)
師匠曰く「この町の人の10分は車で」 「・・・。」

カタクリは葉のみとなって、二輪草が群生していました。
(カタクリの花は3月末が見ごろなのだそうです)
二輪草の里 小川 つばさ師匠撮影


いっぺんに二輪が咲くのではなく
一輪が咲いて、あとからもう一輪、茎をのばし咲くもののようです。
真ん中につぼみを持っている二輪草↓まだ一輪。
二輪草 つばさ師匠撮影

二輪草が咲く中に、
にょきと首をもたげる草を、高さんが「マムシ草」と。
5本ほど生えていたそのマムシ草、よくよく見れば茎は蛇の鱗模様。
鎌首のように曲がった筒状?の緑色が花なのだそうです。(到底花には見えません)
1本だけ鎌首の緑が黒色になったマムシ草は、草むらから首を伸ばす怖ろしげなマムシそのもの。
(植物と動物との違いで、似た姿・色形をしているものの存在があるけれど、 それはなぜなのでしょう?
 とても不思議。 どちらも種を残す手段としてのありようなのでしょうか )

二輪草の咲く中に、たぶん最後の一輪と思われるカタクリの花を見つけました。
じーっと目を凝らさなければ見落としてしまうところでした。
(のんびり屋さんのカタクリの花に感謝)


離れた場所に住まう私にとって、小川という地は一つの桃源郷のようです。
つばさ師匠、写真をありがとうございます。


スポンサーサイト

 2014_05_07


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


05  « 2017_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

野の花姫

Author:野の花姫
FC2ブログへようこそ!

amato

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。