スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


con los pies en una corriente fresca es buen lanzar

Category: 雑記  

録りためていたWOWOWドラマ「人質の朗読会」を観ました。
原作は小川洋子さん
人質の朗読会 (中公文庫)人質の朗読会 (中公文庫)
(2014/02/22)
小川 洋子

商品詳細を見る

ずいぶん前のこと、芥川賞を受賞した「妊娠カレンダー」を一読して、好きな作家ではないと思ったものでした。
それからしばらく経って、映画「博士の愛した数式」を観、静謐で温か、素数・・心惹かれて本を読みました。
映画も本もどちらも好きなものの1本、1冊になっています。

人質5人の、それぞれが朗読するどのお話しも心を捉えましたが、
5番目のお話しの冒頭に挿し込まれた
人質の女性が閉じ込められた廃屋(?)の窓下に見つけた
埃と砂に隠れた4行の(ナイフで)刻み書かれた文

con los pies en una corriente
fresca es bueno lanzar
Un hilo al agua
Sa carlo y tirarlo al agua de nuevo

記憶は ひんやりした流れの中に立って
糸を静かに投げ入れ 釣り上げては
流れの中へまた 放すがいい

アーサー・ビナードさんの「釣り上げては」の詩の一節でした。
(もちろん、設定として当然ビナードさんの名は出てきはしませんが)

その物語の中で、朗読する女性は朗読のために書いていた文の代わりに
記憶の深くに糸を垂れ言葉を紡ぎます。

心の奥深く静かに眠る記憶は、
忘れているのではなく大切にしまわれているものです。

愛おしくそっと深みから取り出して心を満たし、また静かに戻すのです。

この詩を選びとる小川洋子さんが好きだなぁと思ってしまいました。




スポンサーサイト

 2014_04_07


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


05  « 2017_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

野の花姫

Author:野の花姫
FC2ブログへようこそ!

amato

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。