スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


想像力の欠如、無関心の先にあるものは・・ 

Category: 雑記  

11月6日草加駅東口前で14時から15時まで行ったシール投票の呼びかけに参加しました。

秘密保護法全国投票

投票の様子など詳細は、こちらさよなら原発in越谷でご覧になれます。


「チラシだけでもご覧ください」の言葉とともに
差し出すチラシに

あらぬ方向を凝視したまま行き過ぎる人
 こわばった目
 心のシャッターを閉じた人の群れ
避けようと遠回りしていく人
 他人事だと思っている・・本当にそうなんでしょうか

赤ちゃんをベビーカーに乗せた若いお母さんが
チラシを受取り 引き返してシールを張っていかれた(ご協力ありがとう!)

若い人に知ってほしいと思う。
高校生らしき少女にもチラシを渡す、少しして戻って来ると黙って張っていった(チラシ読んでくれたんだね)

「秘密保護法には反対だけれどこんなことをしてもどうしようもないでしょ」と中年の男性。
「黙っていたら肯定したことになるんですよ」と私。
つい
「やっても無駄と諦めたら政府の思うつぼになってしまいます」などなど力説してしまう。
話していたら、「賛成にシールを張るかもしれませんよ(笑)」と言いつつ
戻ってシールを張っていった先の男性。。「わからない」に。 

街頭や駅頭に立って思うこと、少数派なのかな?
友人のパクちゃんいわく“中数派”
(そうだったらいいな 六ヶ所再処理工場本稼働反対の署名活動をしたころと比べれば増えているのかな・・)


頑張ってくださいと通り過ぎていく人、シールを張ってから言っていただけませんか。。。

○○党?と開口一番尋ねる人、こういうことは政党がらみと思う年配の方って多いのですね。
個人が政治に物申す風土が日本にはない・・なかったということ
変わっていかないと風通しの良い世の中にはなりません。

痛感したこと、やはり無関心層が一番多いのでは。

今朝の東京新聞のコラムで、
法政大学教授の竹田茂夫さんが無関心の行きつく先について、哲学者の文章を引用考察されています。
東京新聞コラムから『裸の王様』
(2013.11.7東京新聞朝刊「本音のコラム」より転載)
“残された道はプルサーマルしかない”という限定(??)には大いに反論したいですが、
無関心と裸の王様の図式は、今の日本そのものなのだと思う。

関心を持つこと、想像することが
今のありようを変えていく唯一の力になるのだと思います。
「引き受けなくては、自分のこととして」だって本当に自分たちのことなのですよ。
そんなことを、話したい伝えたい見知らぬ人に。
できるかな私・・





スポンサーサイト

 2013_11_07


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

野の花姫

Author:野の花姫
FC2ブログへようこそ!

amato

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。