スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


『永遠の不服従のために』 抵抗3部作

Category: 雑記  

いまのこととして読もうとした辺見庸さんの著書は、小泉政権時(2002年)に発行されたものでした。

永遠の不服従のために (講談社文庫)永遠の不服従のために (講談社文庫)
(2005/05)
辺見 庸

商品詳細を見る


小泉から具現化され、そのフィニッシュを安倍政権が担おうとしている。
党としての国の到達点はここにあったということだ。なんて物事に疎いことだろうと今更に知るのです。

{自己幻想は愛国心やナショナリズムという形で共同幻想(=国家)に侵食されている。
 共同幻想の解体 自己幻想の共同幻想からの自立は、根本的な本質的課題である。(吉本隆明『共同幻想論』)}

国家の貌
柄谷行人氏の
「国家は共同幻想だというのは、内部から見たときにのみいえることです。国家は、何よりも他の国家に対して国家なのです。
共同幻想という考え方はそのような外部性を消してしまいます。」が引用され、

誤解だ歪曲だと自国の者たちがいくら歯ぎしりしようが 他国の目にそのように映じてしまった像こそが、
その時の国家の実像ということにもなるのでは。
国家はひとりであるのでなく、他の国家に対して国家なのだから
また、国家を内側から見たときと、国家が外側から見られたときの「視座」のようなものについての感性が聡いかどうか
と書かれています。

橋本・麻生・安倍という政治家(屋!?)だけではなく、
もともと、そういう微妙なズレを意識しない、歯牙にもかけない人々が溢れている。
慰安婦発言や改憲についてのナチス発言、そしてその延長線上にヘイトスピーチがあると思うのです。

不敬
“不敬者”を、公権力に成り代わって痛めつける
不可視の組織ーその所在を、
どこまでもたどっていくならば、もしかしたら、
私自身の神経細胞に行き着くのではないでしょうか。(T氏のメールから)   本文引用

君が代を歌うこと、日の丸に礼をすること、
そのどちらも御免だと思うわたしは、
安倍氏の伝で言えば、左翼という言葉で一絡げにされてしまうことだろう。

思想、思考は個々人の中でどう形成されていくのだろうと思う。
同時代性はない。
環境、資質、etc etc

この章を読んでいると
連綿と続く日本という風土(それとも作られた歴史?)が産み続けている意識下の意識の存在を
嫌も応もなく考えさせられます。
T氏のように行き着くのだろうかも含めて。

いま、抗暴のときに (講談社文庫)いま、抗暴のときに (講談社文庫)
(2005/08/12)
辺見 庸

商品詳細を見る



抵抗論 (講談社文庫)抵抗論 (講談社文庫)
(2005/11/15)
辺見 庸

商品詳細を見る


辺見庸さんのこの3冊をもって抵抗3部作と言われているそうです。
まだ、読み始めたばかり
立ち止まって考えることしばし、読み終えるにはまだまだ時間が必要のようです。

知識だけでは、何も変わらない。
そのことを肝に銘じながら。




スポンサーサイト

 2013_08_28


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

野の花姫

Author:野の花姫
FC2ブログへようこそ!

amato

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。