スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


祈り - 怒り 痛み 哀しさののちに -

Category: 雑記  


Rajaton - Dobbin's Flowery Vale (2010年公開の映画「森聞き」挿入歌)

復興庁参事官のツイッターに書き込んだ 余りに率直なことばに呆れ、見識を疑った。
今では、彼にとって自分の考えたことは大多数の人の意見だと見誤っていたことについてを、反省していることだろう。
そのつぶやきの中に「白黒つけずにあいまいなままにしておく」というのがあった。
官僚(国家公務員)として初めに覚えなければならないことは、言質を取られないための会話術(答弁?)と聞く、
参事官ともなると よほど優秀だったということなのだろう。

「死の商人」さながらの阿部首相の原発輸出行脚。
「工業品」輸出拡大のために「農産品」関税撤廃の譲歩はTPPの方針。
高市早苗の「原発事故で死者はなし」発言。
(産む性の女性は「命」の優位性を男性よりも強く思う・・政治屋になるとその部分まで切り捨てる?!)
「国」は、時が経てば忘れるであろうとする「福島」
経済利益の前にひれ伏すしかないであろうという「国」。
良心はどこにあるのだろうか。
(愛国心を云々する前に国民への愛はあるのかないのか、問うこと自体不毛)

東京新聞コラムから『生活保護法の「改正」?』
    (東京新聞2013.6.20「本音のコラムから」)

同日の記事に「生活保護を不当停止」、ケースワーカー「働く意欲ない」
40代男性、栄養失調で搬送、の見出し・・・
(数日前には、数千万円不当に受給し返還を求めることが取りざたされていた。)
鋭い痛みが 深く深く刺し貫く。

何ができる



スポンサーサイト

 2013_06_21


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


05  « 2017_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

野の花姫

Author:野の花姫
FC2ブログへようこそ!

amato

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。