スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


[偏向」という言葉に

Category: 未分類  

毎週水曜日は、13時から14時30分まで南越スタンディングに参加しています。

原発埼玉県民投票の署名は、
原発が YES or NO を議会ではなく県民が選ぶことを条例で定めてもらうための法定署名です。

私の持つプラカードには、「子どもの未来に原発はいらない」と書いてあるので、
並んで一緒に立つのは趣旨とは違うことになってしまいます。
そのため通路を隔てた反対側の柱の前でYさんとスタンディングしていました。
Yさんの持っているプラカードには、「集団的自衛権反対」の文字。

60代と思われる小太りの女性通りがかり、「私は、原発も集団的自衛権も賛成よ」と。
「署名活動をしている人たちと同じなの?」と聞かれたので、

違います。私たちはスタンディングしている個人です。
署名は原発に反対と言う署名ではなく、議会が決めるのではなく県民に決めさせてほしいという請願署名ですので、署名していってはいかがですかと話してみました。

「向うとこっちは同じかと思った。紛らわしいわね。私は議会に決めてもらいたいから署名はしない。」
「原発が止まっているから化石燃料を使ってCO2がすごいじゃない。原発は国の経済のためにも必要よ」

「原発もCO2を出さないわけではないですよ」と説明しようとする私。
さえぎって、その女性は言うのです。

「そんなものを持って、偏向しているわね」と。
(立ち話する4.5分の間に私たちに向けて2度3度発せられた”偏向”という言葉。違和感で心がちくちくした)
福島にご自分のお子さんやお孫さんが住んでいたとしても原発が必要と同じことがおっしゃれるのですか?

「そうです。国が大切」という。

国民がいての国では?人の命よりもですか?と驚いていう私をしり目に、寒いからと話を切り上げたそうにした。

一緒にいたYさんが、「今度時間があったら、ゆっくり話しましょうね」と言い、その女性は去っていった。


立場が違うとただ一言”偏向”という言葉で片づけられてしまう。
なぜ?とか、どうしてそう考えるのか?というステップを楽々と取り外している。
そんな人の、固い表皮を破って心にまで届かせる言葉を持っていないのでした。


後から残念に思いました。
一緒に立ってみませんか?という言葉を考えつけなかったことに。

相反する思いの人もその思いをプラカードに書いて立つことはスタンディングという自由の証。
とても大事なことだったのに。




スポンサーサイト

 2014_12_18


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


06  « 2017_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

野の花姫

Author:野の花姫
FC2ブログへようこそ!

amato

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。