スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


消費社会に、コントロールされる人たち

Category: 未分類  

生活クラブの消費材の申込みをしようとLIVELYを急いで見ていると、
「本の花束」の中に、" いま人間が見直すべきことは?"の表題で艸場よしみさんの一文がありました。
編集者で、絵本『世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ』を編んだという。



2012年地球サミットでのウルグアイのムヒカ大統領の演説をYou Tubeでご覧になって、
こんな大統領がいることを子どもたちに知ってもらいたいと書かれた絵本なのだそうです。

世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ
(2014/03)
不明

商品詳細を見る


こどもだけではなく、
本当は、
消費生活に骨の髄までどっぷり浸った、おとなにこそ必要な絵本なのではないでしょうか。


国家よりも、力を持つ資本主義=多国籍企業、
グローバリゼーションの名のもとに暗躍する。駆け巡る。
ブラック企業と名指される企業が、安い労働力で作る商品・食品に群がざるを得ない人びと。
行き着くところまで来てしまっているのではと思う。
果てはどこにあるのだろう。

暗澹たる思いに陥るけれど、
一陣の風のように心を洗う人が存在している。
そのことで、「まだ、人間は生かされていていいのだよ」と言われているような気がしてくるのです。

私たちは、消費者である前に、
もっと違った者にならなくてはならないのだと思うのです。


東京新聞12月15日夕刊社会面に、衆院選の戦後最低となった投票率は何を意味するのか。
映画監督の想田和弘さんに、同紙の柏崎智子記者が見方を聞き書きした『有権者が消費者化』が載っていました。

「教育や福祉、医療までも消費の枠で捉える文化が浸透する中で、政治もサービスだと思っている。
有権者は、自分は主権者ではなく消費者という感覚。どの党も不完全なら買わない(投票しない)のが賢い、と考える」

普通の商品なら興味のない物を買わなくても問題ない。
政治はそれでは済まない。

「投票しなくても当選者は必ずいて、その人たちの決定は自分にも降りかかる。
原発推進の人を選んだ意識はなくても結果的に日本中に原発が建てられ、東電福島原発事故ではみんなが影響を受けた。
戦争もそう。選択しなくても、巻き込まれていく」

「消費者民主主義」から抜け出すには
「有権者の自覚しかない。教育を変えるのも一つの方法」と提案する。

子どもたちは政治的に成熟できないまま大人になってしまう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

消費社会の申し子である現代に生きる者たちは、
必然的に、「政治的に成熟することができない者」として生まれてくるのかもしれません。
それを変えるのは、一人ひとりが自覚することで、ということしかないのです。





スポンサーサイト

 2014_12_17


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

野の花姫

Author:野の花姫
FC2ブログへようこそ!

amato

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。