上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--



昨日、新宿西口プロムナードギャラリー(明治安田生命新宿ビル壁面)に展示されている
中筋純さんの作品を観てきました。

流転チェルノブイリ(8月2日まで。8/1:AM8時~21時、8/2:AM8時~11時)

写真はもちろんのこと、
写真に添えられた詞書が深く射るのです。心を。

ポスターに使われているこの写真には・・・
 「チェルノブイリ立ち入り禁止区域南部、オバチナ村在住のハンナパブーシカ。
 86年の原発事故後全村避難したが、その後帰村。家の裏手には菜園が広がりほとんどの食料を自給している。
 訪問時はジャガイモ収穫のピーク。オバチナ村は140名が帰村したが本年2月の人口は7人である。
 (2012年7月)」

流転チェルノブイリ ①


流転チェルノブイリ②

生命を生み出してきた地球という惑星、
人間という存在がどれだけの生命を葬ってきたことでしょう。
人が見る風景の物差し、美しさの尺度、考えさせられるのです。

流転チェルノブイリ③

”生きる場所”
息をし生命を維持するだけでは 生きているとはいえないのです
突然 生活の場から切り離されて 与えられたもののなかに投げ込まれて
根っこを引き抜かれたままでは生きられないのだから

それぞれの命を、それぞれの思うままに生き切る
それらを脅かす存在に否を唱えたい。

原発はいらない。在ってはならない。











スポンサーサイト
 2014_08_01




07  « 2014_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

野の花姫

Author:野の花姫
FC2ブログへようこそ!

amato

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。