上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--



先日、脱原発を目指して活動している種's(たねず)の仲間と「シェーナウの想い」DVD上映会を開きました。
資金もない小さなグループなので、チラシをどこにどう撒くのか、置いていただくのか、悩みどころでした。
友人のパクちゃんから、
毎月第三金曜日に参加している「さよなら原発in越谷」の集会でアピールとチラシを配ってみたらと助言がありました。
FAXでお申込みいただいた見知らぬ方は、当日お訊ねするとその集会・パレードに参加していらした方々でした。
直接声をおかけして来ていただけることはうれしいことです。
でも、それにも増して昨日までの見知らぬ人が、今日を境として想いの一部を共有できる人として
その手を繋ぎ、輪を広げることができていると感じられたことは喜びでした。

その日、夫に「その人たちは全く何も知らない人たちではなかったのでしょ?」と。
そうでした。
輪を広げたのではなく、それぞれの「点」を小さな「面」に変えられるそんな淡い機会を作くることができたのかも?
というのが本当のところでした。
これで良しと喜んでいては自己満足の世界に陥るところでした。(それも時には必要ですが・・)

昨年11月、湯浅誠さんの講演会に参加した時のこと、
湯浅さんの著書
反貧困―「すべり台社会」からの脱出 (岩波新書)反貧困―「すべり台社会」からの脱出 (岩波新書)
(2008/04/22)
湯浅 誠

商品詳細を見る
を通しての知識しか持ち合わせていなかったので、
限定正社員のことや経済特区における労働者問題などの今をお聞きできるものと思っていました。
でもそれはそうではなくて、
ご自分のスタイル(文字通り服装)を変えたこと、それはなぜか?から始まりました。
直接のきっかけは声の届く範囲の限界を感じたことからだったそうです。
事例やデータでは伝わらない
思いついたことをやっていたのではその壁を越えられない。(届かない人が膨大にいる)

人に聞けばいい。思いつかないことを採用すればいい。

今まで会おうとしてこなかった人たちに会う。

「自分の格好から変えてみたら?あんた怖いよ」→18年ぶりに襟付きの服に変えてみた。

反応が違った。特に初対面の人が。

服は象徴的、抵抗感のあるものにあえて手を通してみる。

苦手にあえて飛び込む。今までの外の人に聞く耳を持ってもらいたいから。

いろんな人の大きな課題ではないか?
どうやって自分の意見を広めるか、理解を深めたい。その時に何をするか?

関心のない人に来てもらいたい!願いとやっていることが合っていない語彙矛盾。
活動が固定化したときにできることは二つだけ
1.別の関心から来る人を巻き込んでいく工夫や仕掛け。
2.別の関心にこちらから出向く。

自分の中に社会の多様性を持っているか自己点検を。
(持ち札や球種を持っているか?)
おぼつかないと思ったら増やそう。
・ものの本を読んで勉強するか
・やれる人の話を聞くか
・見よう見まねでやってみるか
家に帰った時から始まるのですよと講演は締めくくられました。

反芻しなければ自分のものとならないものですね。
外の人に伝播しなければ、総数は変わらないことをどこかに置き去りにしていました。
そのことを思い出させました。

2014.1.7に放送されたNHKクローズアップ現代「物語の力で社会を変える」でも、
どう広げていくか、共感者を増やすためにはどうしたらいいのか、が活動している人たちの共通の課題になっていました。
(活動の大小にかかわらず、悩みは共通なのでした。そのことが、事の重大さを余計に感じさせました)
マーシャル・ガンツさんという方が講師でした。
セルフ(私)の物語  
アス(私たち)の物語
ナウ(今)の物語
“私を語るところから物語の共有を。理念ではなく動かすのは感情。根底にある価値観を相手に語ることで共感を得る” 
今の社会のありようを変えるためには、無関心な人たちにどう自分のこととして感じてもらうか。だと話されていました。

これが絶対に有効などという手法はないのだと思います。
信じることを、今いる目の前のひと一人一人に自分の言葉(心の中から発する)で語らなくては。
安きに甘んじることを戒めて。



スポンサーサイト
 2014_03_25



8電力会社の10原発、17基が再稼働申請をしている。

8電力会社10原発、17基再稼働申請中
(GREENPEACEより画像引用)

規制委員会が再稼働関してに費やした時間は451時間、
事故収束に関しては67時間という。

汚染水と原発再稼働問題についての政府交渉(グリーン・アクション・FoE Japan他)から資料画像(3枚とも)を引用させていただきました。

福島第一原発の汚染水は深刻な状況が続いています。
タンクからの漏えいが絶えず、護岸の地下水の放射能濃度も上昇を続けています。
放射能測定のミスが指摘されています。

2014_3_4汚染水画像

広島型原爆の半分に相当する汚染水

2014_3_4汚染水画像③


2014_3_4汚染水画像④

国はどう国民に答えるのだろう。


ドイツZDFテレビ制作(ヨハネス・ハノ監督)
『フクシマの嘘 其の弐』


NHK クローズアップ現代で、3月5日(水)19時30分~19時56分 (再放送:深夜0時10分~0時36分)
「原発防災~住民の命を守れるか」が放送されます。


 2014_03_04




02  « 2014_03 »  04

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

野の花姫

Author:野の花姫
FC2ブログへようこそ!

amato

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。